【観球bS36】


DAIOHDANI-STADIUM

【所在地】宮崎県日向市大字日知屋12106

【フィールド】中堅120m、両翼91m

【観・話・球・題】
この日は鹿児島県の球場に行く予定だったが、この大王谷が一日のみの使用に変更となった為、元々は
翌日に行くつもりだったが行くことにした。こういう変更も結構あるので、宿が固定されて臨機応変に動けない
ツアーはあまり使いたくない。最寄駅の日向市駅からは徒歩で40分弱。運動公園の入口迄は平坦で道も分かり易い。
この日は第一試合の開始が8:45分と早めだったものの打撃戦が続き、第三試合の開始は15時前後だったと思う。
9回裏に同点に追いつき、延長に縺れ込む展開。12回表終了時に審判が集まり協議していたが、結局試合は続行。その裏
連続でセンターにフライが上がり、それを何れも(薄暗さで)捕球できずにサヨナラと一寸可哀想な幕切れだった。
照明の無い球場で3試合を組み、タイブレークも導入していなかった運営側のミスだろう。

   
 三塁側に描かれた壁画がインパクト大。  照明設備無し。
 
   あまりゴチャゴチャ書いてないシンプルなのが好みだが、このスコアボードは何か好き(笑)
 
セパレート型の球場です。 
   
   屋根付き。
   
ネット裏中央には、特別席がある。椅子の損傷が激しい(写真右)。 
 
 コンコース。  
   
    外野席は芝生。
   
 
 
 珍しい場所に水道が。  
   
   陸上競技場側の壁画。
   
 球場前にブルペンがある。  駐車場は広くないが、公園敷地内通路にも
停められるので、大きな大会でなければ平気だろう。
 
第三試合の終了時刻は17:29分。無理矢理試合を続行しているような状態で、選手たちが少し気の毒だった。 

【大王谷球場で観戦した試合】
2017年11/11土曜 第44回宮崎県高等学校一年生野球大会《入場料¥500、無料名簿あり、アナウンスあり》
第一試合
富島高校00260 0002=10
日章学園00310 1202=9
【富】黒木拓、齋藤、黒木剛ー黒田 【日】深草、小迫ー金子、深草

第二試合
宮崎工業12440 0020=13
延岡学園12003 1201=10
【宮】後藤、成合、後藤ー谷口、後藤、谷口 【延】花岡、松山ー甲斐蓮

第三試合(延長12回)
延岡工00013 00000 00_=4
泉ケ丘02000 00020 01X=5
【延】甲斐ー宮井 【泉】一宮、加藤ー永山