【観球bS70】



【所在地】青森県弘前市豊田2-3-1

【フィールド】中堅122m、両翼100m

 
外観・照明・愛称と地元由来で故郷(ふるさと)密着型。  照明塔は津軽三味線のバチがモチーフ。6基中2基にこの照明を追加し「増強」。
   
 外観は青森県の最高峰・岩木山をモチーフにしている。  
 
 
   
ネット裏席。最上部は結構な高さ。 
   
ネット裏最上部にある小さな建物は解説者席。 
   
 珍しい場所にも座席がある。  福島の開成山球場と似ている。同じ設計者?
   
   三塁側のフィールドシート席。
   
   外野席。
   
 エレベーター完備。  コンコース。
   
   モチーフにした岩木山を一塁側に望む。
   
   愛称は弘前出身のソフトボール日本代表元選手・監督の
斎藤春香氏が由来。市民からの公募により命名。

【はるか夢球場で観戦した試合】
2018年5/13日曜  春季青森県・弘前地区&五所川原地区予選《入場¥500、名簿¥100、アナウンスあり》

第一試合
弘前工20002 1012=8
弘前南20001 0000=3
《本》内山、阿保(工)、長内(南)
【工】工藤洸、澤田、横嶋ー盛  【南】相馬、野呂、佐藤拓ー赤平

第二試合
五所川原高00401 0100=6
五所川原工01100 0002=4
【高】対馬ー佐藤滉 【工】三橋、小島、山田、西村ー斉藤敦